交通事故弁護士を探そう

円満な交通事故の解決を目指します:等級制度

交通事故の怪我の治療が終わっても固定症状が残り、
生活に支障が出たり労働能力が低下してしまうことがあります。

このような症例では後遺障害として認定されるケースもあります。

障害として認定されると、入院・通院の慰謝料とは別に
障害分の慰謝料が請求でき、また労働能力低下で
減ってしまう将来の収入について逸失利益として
損害賠償請求できます。

交通事故の後遺障害には等級という制度があり、
障害の内容が数字で示されます。

等級は1級から14級まであって、1、2級は要介護認定の有無で
分かれるので全部で16のランクとなります。

障害分の慰謝料や逸失利益を賠償請求するには、
障害の等級の認定を受ける必要があります。

この認定は自賠責保険の審査会が行い、申請方法は
2通りあります。

ひとつめが、加害者サイドの保険会社に全て任せる事前認定、
そしてもうひとつが被害者自身で等級認定の申請をする
被害者請求です。

相談

障害の等級は賠償金額を左右するので、相手の保険会社に
任せてしまうよりは、自分で手続きをした方が
その後納得のいく示談交渉ができます。

交通事故に強い弁護士の先生は後遺障害等級の
認定申請に関わる医療の知識も豊富で、被害者に
手続き上の有利なアドバイスをしてもらえるはずです。

およぐ

また既に認定された等級についても、内容に不服があれば
弁護士の先生が異議申し立てや再申請をして
被害者が最大限の賠償金を受け取れるよう
尽力してくれるはずです。