交通事故弁護士を探そう

円満な交通事故の解決を目指します行政書士


交通事故を起こしてしまったり、事故に遭ってしまったりしたら
弁護士に相談をしましょう。
加害者と被害者の間に弁護士を入れることによって
スムーズに問題を解決することができるからです。

弁護士以外にも、交通事故の相談は行政書士にも
相談をすることはできます。

しかし、弁護士 交通事故専門の人と行政書士では、
活動できる範囲が異なります。

被害者の弁護士だと、被害者本人の代理人として
活動することができますが、行政書士だと
代理人になることはできません。

目指す

代理人になることができないとどのような不都合が
あるのかというと、保険会社と交渉をするときに
自分で交渉しなければいけなくなります。

法律の知識を持っていない人が保険会社と
交渉するのは、現実的には無理なことです。

本当はもっと有利な条件にすることができるのに、
知識がないことで不利な条件を飲まなければいけないこともあります。

後々保険会社と交渉することを考えて、交通事故の相談は弁護士にしましょう。

見える

 

交通事故に巻き込まれただけでも、心理的なダメージは大きいものです。
その上知識のない法律の話をするとなると大きなストレスになります。

それを代わりに知識のある人が行ってくれるのは、とても大きな力になります。
また知識のない場合、簡単に相手の要求をのんでしまう恐れがあります。

起こしてしまった事故は何を言っても仕方がありません。
しかし、その後の対応で相手側と争わずに、処理を出来るのか。

無理難題や実際よりも大きな要求に答えることを避けることができます。
その為にも専門の業者に依頼することはとても大切です。