交通事故弁護士を探そう

円満な交通事故の解決を目指します:年齢


  交通事故の被害者は、ある日突然傷害され、右も左もわからない
複雑な状況に放り込まれ、次々と対応を迫られることになります。

けがをして、今後元の体に戻れるかどうかで頭がいっぱいな
状況下ですから、適切な対応などできるわけがありません。

しかしそうしている中で、被害者はどんどん不利な状況に
陥っていくものです。

発光

被害者はけがをしていて動けず、心理的にも相当まいっています。
一方、加害者はまず起訴されませんから自由の身です。

 

交通事故の実務ではプロ中のプロの任意保険会社が代理となり、
のちの賠償で不利にならないような対処をつぎつぎと
おこなっていきます。

のちに賠償交渉をすることになる双方は、とても対等とは
言えないこうした状況にあります。 

対等に対応をしていくために、被害者は弁護士に交通事故直後から
相談し、サポートを受け続けるのが理想です。

そうすれば、けがで動けなくても、その間に不利になっていくのを
防ぐことができます。

事務所

また、被害者は加害者側と交渉するたび、心理的ストレスをこうむって
消耗していくことが多いものです。

弁護士に委任し、弁護士から受任通知を出してもらえば、被害者は
その後一切加害者側と接触せずに済むようになり、治療に専念できます。 

交通事故の慰謝料は、年齢による差はありません。

死亡事故の場合は、弁護士基準なら、残された家族の状況によっては
慰謝料が変わる場合もあります。

しかし、自賠責基準では、死亡事故でも年齢による違いはありません。