交通事故弁護士を探そう

円満な交通事故の解決を目指します:民事訴訟

交通事故に遭ってしまい怪我をしてしまった場合、
原則としては相手方から相応の費用が支払われるのが
一般的です。

基本的に怪我の治療のための通院費、若しくは
怪我の為に仕事を休んでしまった場合の休業補償などは
全額補償されることが多いものです。

弁護士

しかし、むち打ちなどの外傷があまりない怪我の場合や、
症状が長期にわたる場合には相手方の保険会社から
一方的に保証が衣\打ち切られたり、補償額が十分でないことも多く、
その損害賠償を巡って民事訴訟になる場合も有ります。

この場合には、交通事故対応に詳しい弁護士に依頼することが良い方法です。

 

弁護士は保険会社よりも高い補償基準額で争ってくれるほか、
法律に詳しいため加害者の過失や損害賠償を
行わなければならない根拠、またその保証額の算定根拠などを
法律に基づいて示してくれるため、より高い補償を
引き出すことが可能になるからです。

明かり

又、相手方も法律に詳しい弁護士が代理人として登場することで
示談に応じてくれることが多いため、より高額な補償額を
引き出せるというメリットも有ります。