交通事故弁護士を探そう

円満な交通事故の解決を目指します:損害賠償専門


交通事故に遭うことはあります。
ケガまで負ったときは、どうしたらいいのでしょうか?

まずは警察を呼んで事故証明をしてもらうことです。
そのあと怪我の状態にあわせて病院にいって、ケガの状況を
医師に診察してもらうことが必要です。

このとき大したことがないと病院にいかない人もいますが、
あとから症状がでることもあります。

上がって

その場合は交通事故での怪我と認めてもらえないケースがあるので
きちんと病院にいってレントゲンを撮ることが必要です。

そのうえで治療をしっかりとしていく必要があります。
しっかり治療をしてもいつまでも治療できるというわけではありません。

ある時期になるとこれ以上治療をしても、よくならないという診断を
医師にしてもらう時期が来ます。

これを症状固定といいます、それいよって後遺症が残ったという
証明になります。

この症状固定の診断書によって後遺症の等級がきまり、
損害賠償の金額がきまっていくのです。

 

ただ日本の場合は、交通事故の被害者が満足できるような
損害賠償の金額が提示されないことが多いです。

この場合は、自分で保険会社と交渉しようとは思わないで、
弁護士に依頼することが必要です。

弁護士があなたにかわって、相手の保険会社と交渉をしてくれるのです。

防御

ただし、弁護士も損害賠償専門の弁護士に依頼することが必要です。
交通事故の案件の経験が豊富でたくさんの事例を行ったという
弁護士にお願いすることで、満足できる賠償金を
受け取る可能性が高いです。